来客をもてなすお部屋について

一戸建てをプランニングするに当たって、まず検討しないといけないのはお部屋の間取りです。特に私のように田舎で親族や近所との会合が多い前提であれば、来客をいかに迎えるにあたり、融通がきく間取りにしていくかどうかは大きなポイントになってきます。

もちろん、お布団の数、座布団の数なども含めてのお話です。実際には昔の屋敷のように大きな和室がいくつもあれば、問題ないのでしょうがそこには至らない程度の家の大きさです。子供部屋のことなども暇えるとなかなかこのような用途に答えていくことは難しいと言えます。

いかに来客用のスペースを確保していくのかどうかは周辺の一戸建ても苦心しているようです。我が家と同じく、昔ながらのお屋敷ではなく、現代の間取りを基本にしているお宅が多いこともあります。

なかなか、縁側のようなスペース、和室の連続スペースを確保しづらいところかもしれませんがなんとか、自宅で葬儀などはできるような環境を持ちたいと思います。

PR:群馬県伊勢崎市で注文住宅を建てるなら子育て世代の家設計室