三角屋根の家の外観に惹かれるものの諦める

三角屋根の一戸建て住宅には憧れていましたが、しかし三角屋根の部分の有効活用方法に悩んで、結局傾斜の少ない屋根になりました。ですからスイス風な傾斜のきつい三角屋根の住宅にはしなかったのですよね。理想と現実との間で悩みました。

現実的に考えて、マイホームの屋根が傾斜がきつい家になっていたら、外観から見たら可愛らしいかも知れませんが、しかし室内のことを考えると、確かにまあ不便かなーとも思います。三角形の部分を物置として屋根裏部屋にするにしても、いかんせんスペースが大き過ぎますからね。

また、子供部屋にするにしてもきっちり四角形のスペースでないと閉塞感を感じる子もいるわけです。というか私の姉が結構そのタイプですから、うちの子どもたちにしても、狭っ苦しいスペースがある家は生理的に無理だというかも知れないじゃないですか。ですからこそあまりにきつい傾斜の三角屋根の家は断念することにしたのです。デッドスペーストなるところが多すぎるように思いまして。