外壁タイルと1階収納

念願のマイホームを建築しましたが、やはり予算の関係で妥協した点もありました。

それでも外せなかったポイントは外壁はタイルを使用したことです。

マイホーム建築には多額のお金が動きますが、マイホーム完成後も住み続けるためにはメンテナンスというものが定期的に必要となり、築10年、15年20年と節目節目にマイホームのメンテナンス費用がかかってきます。

外壁をタイルにしたことで外壁のメンテナンス費用は抑えられるため、タイル外壁を採用しました。

タイル外壁は外観も重厚感があり、また雨の日に外壁の汚れを洗い流されたりと見た目も長く産地当時の外観が続きます。

次に内装ですが、1階にLDKがありますが1階で家族で過ごす時間が多いため1階の収納を多くとりました。

服や掃除道具や日常で使用する様々なものを1階に片付けられることで出しっ放しもなくなりちゃんと収納するようになっています。

ただそう考えると土地の広さや予算に余裕があればゆとりのある平屋建てが建てれたらよかったのかなとも今では思います。