家族数に応じて標準的な間取りは、LDKは、

注文住宅を建てようとする時に、一番気になるのが間取りということになるでしょう。 部屋の数はどのくらいにすればよいのか、部屋の数というの多くても少なくても無駄が生じる時もあります。 又、其々の広さはどうか、LDKなどはどうしようかと思案すればきりが無くなるようです。

一般に、日本人の家族というの4から5人程度が標準家族友言われるので、家族が5人ほどの人数においては最低でも3LDKから4LDKなどの間取りが必要ですし理想でしょう。 従って、標準的な間取り構造は木造の2階建ての建物で、述べ面積や坪数などの広さも考慮しながら、概ねが一階が8畳のリビング8畳のDKなど、二階が6、8畳の和室と8畳の洋室などは標準的な間取りとも言えるでしょう。

此のように住宅の間取りに関しては注文住宅が主としたことになりますが、特に設計に関して様式や構造的なものでは耐震などの強度面ということもあり、其のようなことはどうしても専門家に委ねることにもなるでしょう。 通常の間取り等に関しては、其処に住む者の生活スタイルや土地の大きさや向きにもよって変わってくるものでしょう。