一戸建ては是非バリアフリーをオススメします。

家を建てるにあたり、家族でどんな家にしたいか話し合いをしました。色々な夢や希望が楽しく出ましたが、共通した点がバリアフリーの家にするという事でした。高齢の母親が安心して生活出来る様に、転倒して怪我をしないようにする事が大切であり、やがて自分たちも歳を取り、今は良くてもいずれ今のような体力もなくなり、運動能力も落ちてきた際に困らないように、バリアフリーに拘りました。

一言でバリアフリーと言っても、実際には自分たちにはなかなか判りずらい部分も非常に多かったので、実際に母親に家の中を普段の生活通りに動いて貰いました。普段一緒に生活しているのに、実際に母親と一緒に動き回ってみて、実は結構大変な思いをしていたんだなとしみじみ感じる事が出来ました。ちょっとした段差や、ドアノブの回しにくさ。スイッチの位置、文字の大きさ、棚の高さ、椅子の位置、ドアの重さなどなど、自分たちにとっては何でもない動作が、高齢の母親には負担になっていたんだなとつくづく反省した次第です。

格好の良いスタイリッシュな家は憧れますが、それよりも家族一人ひとりの目線や動線で家を選んではみては如何でしょうか。

英語上達の秘訣英語上達の秘訣JALカード住宅リフォーム総合情報生命保険の口コミ.COMSEOアクセスアップ相互リンク集サプリメントオーディオ生命保険の選び方家計見直しクラブ